AWS クラウドプラクティショナー

AWS認定資格 クラウドプラクティショナーについて!
試験の感想についてまとめました。
こんな感じの目次に沿って説明します!

AWS認定資格とは?どんな資格か

この記事を見てる人なら大体お分かりだと思うので、ここはとても簡単に説明します。
みんな大好きAWS(Amazon Web Services)について、知識があるよ〜!
って証明する資格のことですな。
まあ詳細はAWS公式サイトに詳しく書いてあるので、ご参考にどうぞ。
AWS公式サイト(AWSについて)
AWS公式サイト(AWSクラウドプラクティショナーについて)

資格取得のメリット

認定資格のメリットというよりかは、
クラウドプラクティショナーの取得のメリットについてです。
一応取得者目線で書かせてもらいます笑
証拠↓
<ここに画像を貼る>
▽メリット

  1. AWSについて広く浅く知識を習得できる。
  2. デジタルバッジをゲットできる。
  3. 一個上のレベルのソリューションアーキテクト アソシエイトの基礎準備に繋がる。

資格自体の効力はそこまで高くないかも知れませんが、
次ステップの土台になる事は間違いないと思います。

▼デメリット

  1. 資格の有効期限がある。(3年間)
  2. 試験費用は安くない。(¥12,100)※資格により金額変わります。

実際クラウドプラクティショナーに関しては、
3年もあればその内次の資格を取得することになるので、個人的には問題ないかと。
ただ3年の有効期限はAWS認定資格に共通しているものなので、
維持するにも多少お金がかかりますね。。。

難易度(試験を受けた感想)

  • (元々のレベル次第)1ヶ月前後で合格圏内。
  • 試験自体の難易度は低い。
  • 勉強というか、記憶ゲー

1ヶ月前後で合格圏内。

僕の場合、約1ヶ月しっかり勉強をしてやっと合格できました。汗
通勤がある人は、電車内で参考書を読み込む程度で合格できると思います。

試験自体の難易度は低い。

リンク先の公式ページにめっちゃ分かり安く載っています。
AWS Certification について

プロフェッショナル、専門知識、アソシエイト、基礎コースの4つに分類されており、
クラウドプラクティショナーは唯一無にの”基礎コース”にあたります。

勉強というか、記憶ゲー

情報処理試験のような計算問題はでません。
本当に単純な機能やサービスについて問われる問題が大部分です。

勉強というか、記憶ですね。
試験自体の安易度は低いと思います。覚えるだけなので。

あとは仕事で普段からcloudを使用している人であれば、
課金制度の部分だけ読んどけば余裕かも。

個人的おすすめの勉強方法

これはあくまで、試験対策です。
実務に向けて勉強する人はあまり参考にしないで下さい。
用意するものは2つです。

    • AWS デジタルトレーニング
    • 参考書

デジタルトレーニングについては後ほど説明します!
参考書は実際に僕もこれで勉強しました。↓(畳の部屋で撮影)

1.AWSから公式に出ているデジタルトレーニングで基礎トレからの
2.基礎知識がある状態で、参考書に入る。
→以降は弱い部分を参考書で繰り返せばoかと。
多分これで余裕で合格できるレベルです。
デジタルトレーニングはスマホでも見れるので、電車内とかちょっとした待ち時間でもお勉強できる。

※デジタルトレーニングは基礎知識無い人でも理解しやすいような内容になっています。
※AWSの人達が動画で開設してくれます。
ちなみに僕はAWSについては、
恥かしながらS3とEC2ってワードくらいしか知りませんでした。

勉強道具

トレーニングアカウントを作成する↓
AWS training and certification

参考にどうぞ↓

AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー [ 山下 光洋 ]

価格:2,618円
(2021/6/17 21:51時点)
感想(3件)

デジタルトレーニングについて

まずはAWSの公式ページにアクセスに画面を最下部までスクロールすると、
“トレーニングと認定”があるので、そこから進みます。↓

こんな感じの画面が出ると思います。↓

上記のページから少し下に、↓”職務またはソリューション別にAWSについて知る”の項目があると思うので、
クラウドプラクティショナーを選択します。

“デジタルトレーニング|6時間”を選択↓

ここまでたどり着いたならばもうokですな。
サインインして受講でOKです。

たまに受講開始(受講画面に遷移)できない場合があります。
その場合PCの設定でポップアップウィンドウを許可してあげれば問題無いっす。
※M1 Macbookは初期設定でポップアップウィンドウにロックがかかっていました。
※やり方は簡単
safariを開いたら、左上の”safari”をクリック。
→”環境設定”→”Webサイト”→”ポップアップウィンドウ”→”aws.training”を”許可”にする。

終わりに

無事にクラウドプラクティショナーは合格できましたので、
次回はソリューションアーキテクトに挑戦してみようと思っています。
同じ参考書のソリューションアーキ版でお勉強を進めていますが、
クラウドプラクティショナーでお勉強した事に、もう一歩踏み込んだ内容
って感じです。

ざっとクラウドプラクティショナーの参考書を見て、既知の内容が多ければ
ソリューションアーキに挑戦も良いかも知れません。
これ使ってます。

AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト 改訂第2版 [ NRIネットコム株式会社 ]

価格:2,618円
(2021/6/18 00:25時点)
感想(2件)

緑がオレンジになっている。

一緒に頑張りましょ〜!

全然関係ないけど登山の思い出も載せてるので見てネ☆w
【奥穂高岳】初陣!

以上!

TOP
PAGE TOP