涸沢カール!

今回は涸沢カールに行って参りました!
涸沢カールを目的地に、テント泊です。

上高地〜涸沢カールの往復です!

全行程

全行程

Day1
沢渡駐車場(06:00)・・・上高地バスターミナル(06:20)・・・河童橋(07:00)
明神(08:30)・・・徳沢園(10:30)・・・横尾(12:15)
本谷橋(12:40)・・・涸沢ヒュッテ(15:40)・・・テント泊(23:40)

Day2
モルゲンロート(04:50)・・・涸沢ヒュッテ発(06:30)
横尾山荘着(11:30)・・・上高地着(15:30)・・・振り返り

装備はGregoryのKATMAI(カトマイ)55Lで行きました。
色々背負って行ったので、約20Kg。
Gregory HP

Day1

沢渡駐車場

06:00発のバスに乗ります。
沢渡駐車場には5:00くらいに到着しましたが、準備と長蛇で6:00の便となりました。
こんな感じで↓

20分くらい待ち、バスに乗れました。
バスは満席ではなく少し余裕がありました。

上高地バスターミナル

20分程バスに乗り、上高地バスターミナルに到着!
7月中旬に行きましたが、この時の気温が20度いっていませんでした。

河童橋

トイレに行き、準備をしてまずは河童橋!
ワクワク気分!
早朝の河童橋は最高に澄んでいて美しい!!


少し進むとある景色です。↓

道端に咲いている花も撮っちゃったりしました。


なんだかんだですぐに明神には到着!
河童橋からは約1時間。

明神


明神池に到着!
ここでお昼ご飯を食べます。
みんなご存知「嘉門次小屋」で蕎麦を食べました。
嘉門次小屋食べログ
この池?で岩魚が泳いでいます。
養殖されているのかな?

胃袋を軽く満たした所で、再出発します!

徳澤園

徳澤園前の芝生が見えてきました。
ここでキャンプもできますね。
レンタルテントやご飯もあるので、手ぶらでこれちゃうのかも。笑
明神で昼ごはんを食べ終えてから1時間ちょっと。

みちくさ食堂のソフトクリームももちろんいただきました。
みちくさ食堂公式HP
女将の気まぐれ手作りスイーツがありますが、
当時のメニューは「コーヒーソフト」?「コーヒーアイス」?だったと思います。。多分。
何故ならネットのメニューにそれっぽいものが無かったので。という理由だけです笑

ソフトクリームを食べ、横尾を目指し歩き始めます。
徳澤園を抜けると、登山感が増す気がしますね〜!

横尾

徳澤園から約1時間半ですかね。
こんな感じで横尾が見えてきます。
横尾まで高低差も無いのでささっと行きたいとこですが、初心者には意外と疲れますよね。

横尾山荘到着!
お昼は食べません!持参したゼリーで体力補給!
横尾大橋を抜け、ようやく登山ぽさが出てくる道となります。

橋も越えると、すぐに急登があります。

ずっと平な道を歩き続けてきたので、登りがきつく感じる💦笑

本谷橋

ペースを落としながらも、何とか本谷橋まで到着しました。
ぼくと同じように初心者の方々は、ここでは絶対休憩した方がいいと思います!笑
この後もまだまだ登り坂が出てきますので!!

本谷橋の前後、どっちか忘れちまいましたが屏風岩の東壁も見えます。
圧倒的〜!

頑張って進み続けます。
だいぶ標高も上がってきました。
(雲行きが怪しい〜笑)

↓この雰囲気の道で、ラスト15分くらいだったかな〜。笑

ようやく涸沢ヒュッテの標識が見えてきた!泣
これで一旦気分はヒュッテに到着しました。
すぐに着くものだと思ってましたが、標識からは意外ともう一踏ん張り。。。

涸沢ヒュッテの標識が見えてからラスト5分くらいですね。
ようやくヒュッテが見えました!!
到着〜!!直後の景色!!

時刻は15:40。日没も近なり雲行きも怪しいです。。。

涸沢ヒュッテ

なんとか涸沢ヒュッテに到着しました!
涸沢ヒュッテから涸沢小屋に続く道を挟み、東側と西側にテントが張れます。
この地図だと右上あたりから太陽が登り、左側がモルゲンロートとなります!

到着直後のカールはこんな感じ!
到着も遅れたので、既にベスポジは取られていました。
とか言いながらも全然満足な場所!

テント泊の受付をし、テントを設営。
汗ばんだ体に標高2,000mの冷風が吹きます。寒い!
まあウィンドブレーカーあれば問題無し!
とりあえずは生ビール!!
そして1杯1,000円!笑
しかし山価格にもだいぶ慣れてきました。
実は仕事の都合もあり、オール登山となり終始眠かったが、この瞬間は最高!

理由がわかりませんが、すぐに溢れるの気を付けてください。
残念ながらぼくは1口飲んで全てこぼしました。
ずっと雲行きが怪しく心配でしたが、テント設営直後に雨が降りました。
降っていた時間多分15分くらいかと。
一時はテンション下がりましたが、すぐに止んでよかった〜!

そして翌朝に撮影したものですが、こんな感じでメニューの看板があります。↓
裏には英語表記あり!
手作り感あって好き。

テント泊

今回はテント泊!
基本山小屋に泊まるより、テント派です。
(悪天候の時はきついよね。。。)
テント場はこんな状態でした。
結構空いているように見えるな。
実際に張る場所を探している時は、もっと混雑しているように見えたが。
間は空いていても、大きな岩が多くて張れないスペースが多い。
テントの数は紅葉シーズンはこんなもんじゃないんですよな。
ちなみにレンタルのコンパネは既に出払い、レンタルできませんでした!
でも銀マット一枚あれば問題無い場所に張ることができました!

カールの逆側風景はこんな感じ。

ご飯を作って、ビールを飲んで、落ち着いたとことで眠気の限界を迎えました。
ちょっと寝るつもりが、夜まで爆睡!
爆睡後は翌日の準備をしつつ、もう1杯🍻笑
1時間もせずに再度爆睡しました。

余談ですが、軽量化を図りヘッドライトをランタン代わりにしてみました。↓
ノースフェイスのこの袋を使ってみましたが、光の分散具合は40点。
他にも試行錯誤してみます。笑

Day2

寝坊せず、無事に二日目の朝を迎えました😭
遂にモルゲンロートに出会う!

モルゲンロート

起床は4:20頃でした。
辺りは明るくなっていましたが、まだ光は届いていない状態。
髪の毛寝癖ついてるけど、ちょっとかっこいい感じの後ろ姿も載せちゃう。
太陽の日が差すまでは、テント場も結構寒かったです。
ちなみにこの時の服装。

・ヒートテック(ユニクロ)
・半袖Tシャツ(ユニクロ)
・ウルトラライトダウン(ユニクロ)
・3レイヤーゴアテックス(ノースフェイス)

・ヒートテックパンツ(ユニクロ)
・普通のパンツ(忘れた)
・薄手のジャージ(アンダーアーマー)

上は大丈夫でしたが、下が寒かったです。
7月の涸沢でも、風を遮るものは上下必須かも。
半ズボンで気持ち良さそうにしている外国人風の人はいましたが。。。笑

モルゲンするまでの待ち時間でコーヒーを沸かす!
one of the コーヒーに詳しい訳でも無いくせに、謎にドリップしたがる人間.

からの4:50。
遂に光がカールに届き、モルゲンロートがみれました!
カラフルなテント達がまた涸沢の景色の名物となる!

テント抜きのガチモルゲンロート↓

しっかり逆側の景色も撮影しておきました↓。笑

くう〜!
朝日、モルゲンロートと共に迎える朝の一杯は最高だぜ〜!

あっという間にテント場にも日が差し、ポカポカしてきました。
※振り返って思う。次回は朝の気温などもしっかりメモっておきます。。。


my基地↓

涸沢ヒュッテ出発

撤収準備中、近くにテントを張っていた登山者のかたと少し話をしました。
同じ登山を愛するもの同士、これがまたいいですよね。
その方々は今日は奥穂高山頂を目指し、穂高岳山荘に泊まるみたいでした。
かなりの軽装だったので、大ベテラン感漂いまくりでした。笑

我々は今日は下山のみなので、比較的ゆっくりと撤収準備を開始。
なんだかんだで7:30、涸沢ヒュッテにsay good byeし、横尾(まずは本谷橋。。。)を目指します。
登っている際は余裕が無くでしっかり堪能できなかった景色も、
1晩寝て体力満タン状態で見る景色はとても綺麗に見えます。
ヒュッテ出発直後の沢沿いの景色だよ〜ん!

横尾山荘到着

11:30降り続けて足への負担もありつつ、無事に横尾山荘に到着。

この時点で若干雲行き怪しめ。
確か数滴雨も当たりましたが、ここは持ち堪えてくれていました。
しかし朝ごはんから何も食べていなかったので、
横尾山荘の食堂でスタミナ丼を食べます。
11:40頃に食堂に入れたのでまだ席は確保できましたが、12時近くになるに連れ、混み始めました。
一方食べ終わる頃には座席の空き待ちの方々もちらほら。
お昼のピーク時間帯は避けた方が良いと思います!

上高地着

涸沢出発からちょうど8時間、15:30に河童橋に到着しました。
ちなみに、”早く着いて温泉でゆっくりしよう”作戦の結果、
横尾〜河童橋間は休憩0で歩き続けました。足が棒。
結局のところ、明神あたりから雨が降り始め、小梨平付近では大雨になりました。
河童橋もこの通り。↓泣
まあ行きに最高のコンディションで河童橋の風景を味わえたので、我慢できる。

この雨のおかげで、登山客以外の観光客ともバスの時間が被り、
上高地バスターミナルは行列でした。(河童橋付近まで長蛇の列でした。)
結局30分ちょっと並び、ようやくバスにのり沢渡へ帰還。
雨で冷えた体を温泉で温める〜(*^ω^*)気分満々で満身創痍で駐車場に戻ると、見事にパンクしていました。
疲れていたので、悲しかった。笑

とりあえず空腹なので、残ったご飯を食べます。笑
恥ずかしい話ですが、タイヤ交換をやったことなくビビちまってレッカーを呼びました。恥//
シーズン中は上高地の駐車場でもよく発生するみたいです。
とはいえタイヤ交換くらい自分でやれよ!って話ですよね。

しかしパンクして良かった点は、綺麗な空を見れたことですかね。
沢渡駐車場って、基本夜中や朝方に到着し、
下山後はすぐに帰ると思うので、こうしてゆっくりする機会はなかなか無かったです。

振り返り

最後に振り返りしまーす。
今回は1年以上ぶりの登山となり、結構体力的にきつい場面もありました。。
やはり定期的に登らないと、衰えてしまうのですね。悲しい。
▽反省点
・水を持って行き過ぎた。
→ヒュッテや経由ポイントでほぼ補充可能。
間違えて4ℓ詰めていきました。
・缶ビール持参。
→2缶持参しましたが、ヒュッテで購入可能。
ここは必ずしも反省点ではありませんが、お金と体力の優先順位次第。笑
・防寒
→夏場だからといって油断はしていないつもりでしたが、涸沢のテント場に到着後はかなり冷えました。
特にぼくは下の防風系を持っていなかったので、冷風が堪えました。。泣
・オール登山
→東京から出発前に昼寝をしてから向かう予定でしたが、時間取れずオール登山に。
結構きつかったです。
写真を振り返ると顔もなかなか変。笑
本当だったらもう少しかっこいいのにって思ってた。

反省点を生かし、次回は紅葉シーズンに涸沢に行きたいと思います。
天気に恵まれますように!

また次回の記事をお楽しみに。

TOP
PAGE TOP