上高地散策!

今回は上高地散策について振り返ります。
行ったことが無い人はぜひ参考にして下さい。雰囲気程度は感じることができると思います。
行ったことがある人は、写真と共に一緒に振り返りましょう!笑

上高地ハイキング振り返り

上高地バスターミナルまで

都内(都内近郊)から上高地へのアクセスは色々な行き方がありますが、
マイカーで向かった人も、結果的には全員バス(もしくはタクシー)は避けられないのだ。
マイカー規制があり、沢渡駐車場からはシャトルバスにて上高地バスターミナルへ向かいます。
シャトルバス乗車時間は約20分〜30分。
所々細い道があり、バスのすれ違いなど注意しながら進んでました。
運転手さんありがとう!

ちなみに沢渡(さわんど)駐車場の駐車料金は¥600?¥700?/1日でした。
※駐車場により違うっぽい。
シャトルバスのチケットは片道¥1,250
詳細は上高地オフィシャルサイトをご覧くださいませ。
始発は06:10発みたいですね。上高地バスターミナル到着は06:30頃。
そして日帰りで上高地のハイキングを楽しむ人は、バスの最終便にご注意を。
逃すとせっかく購入した往路分のバスチケットが無駄になる
且つ、タクシー代¥4,600がかかります。笑
アルピコ交通株式会社のHPにて詳細を確認するのが一番正確ですね。
さわんど駐車場~上高地シャトルバス

河童橋

上高地バスターミナルで下車後、歩くこと数分で河童橋が見えてきます。
キンキンに冷えた梓川と、河童橋!

真夏でも、東京のような嫌な暑さは感じなかったと思います。
川の水はめっちゃ冷たいです。
10秒くらいで冷たくて足が痛くなるやつっす。

登山に向かう人や、おしゃれな服装で映えている人、
ハイキングの服装をしている人など、色々な人がいました。
撮影時は運良く穂高の山頂に雲一つ無く、文句無しの写真だと思います!笑

注意点

しっかりハイキングコースを調べて行く方(ほぼみんなそうかな)には
必要の無い話なのでスキップして下さい。笑
僕の過ちを共有します。
初めて上高地に行った時に、コースを良く調べずに行きました。
上高地のハイキングコースは「梓川右岸コース」と「梓川左岸コース」があります。
有名なハイキングコースは「梓川右岸コース」になります。
当時何も調べずに変なフィーリングに任せて進だ結果、「梓川左岸コース」で徳沢まで直行しました。
明神池など全てスキップしました。笑
めちゃめちゃ質素なコースでハイキングすることになり、
綺麗っちゃ綺麗だけど、なんか同じような風景がずっと続くのね。。。
ってなりながら徳沢まで進み続けました笑
よってこんな感じの似たような写真を撮り続けました。笑


普通に景色としては自然感溢れ、凄く良いのですが
これが約2時間徳沢まで続くと、結構飽きる感も否めないです。。。

初めての上高地ハイキングの方は、必ず河童橋を渡ってから明神池を目指すことを薦めます。笑

ハイキングスタート

正直に言いますが、夏の上高地には2度行ったことがあり、
1度目は徳沢園まで、2度目は明神池まで行きました。
なので今回は徳沢まで含めちゃいます。
河童橋を過ぎると、穂高連峰を眺めながらそれぞれのピーク(山頂)の説明あり。

中央の奥穂高岳、北アルプスの最高峰で確か標高は3,190m。
富士山、北岳に続くNo.3だったと記憶しているぞよ。
穂高神社は本殿、奥宮、嶺宮があり、奥穂高岳の山頂には穂高神社の「嶺宮」があります。
かっこいい。
本殿はどうやら穂高駅近くにあるようだ!
ちなみに「奥宮」はこの先の明神池にあります。

このように、コースが作られていて、左右は植物に囲まれながらハイキングできます。
シーズン中はすれ違いや、人混みでなかなか歩きずらい場所もありますが、
みんな自然の中で幸せ気分だと思うのでノープロブレムです。


こんな感じで猿がいます。確かリスもいたような。

ハイキングコースはアップダウンがほとんどありませんよ。
(明神池くらいまでだと若者はスニーカーでも行けちゃうと正直思います。。)
コース途中の景色。

公式サイトにもっと見やすく載っていますが、
上高地バスターミナルから明神池までは3.0km、約1時間のコースです。
自然を満喫しながらなので、割とあっという間。

明神池

明神池に到着!

明神池の入り口には穂高神社への入り口があり、
入場料を支払うと中を散策できるみたいです。
穂高神社奥宮
大人¥500で入場でき、散策できるみたいです。
残念ながら、僕が行った時はキャッシュレス決済非対応につき、
現金持ち合わせておらず、入場できませんでした。笑
でも考えてみたら、キャッシュレス決済はなんか雰囲気違うしそりゃそうか。
と、キャッシュレス非対応にも納得できました。
この場所で「paypay♪」とかの決済音は似合わない気がするのも確か笑
今は対応しているのか知りませんが、次回は必ず現金を持っていくようにします。
今改めて気が付きましたが、上高地のwebサイトいい感じ。
綺麗が画像が多く、気持ちが高まるかも。

この透明度!伝わるかな…

明神池を過ぎると、明神橋があります。こんな感じ。

徳沢園へ

徳沢までくると周りはほぼ登山客でした。
徳沢園の、みちくさ食堂!

※レンズ広角入ってます。
ここはソフトクリームが有名みたいっすね。
例に倣い、何も調べていないのでそんな事知らず。
お湯とカップラーメンも売ってましたので、早速みんなで食べました。笑
結構腹減る。
徳沢園でテントレンタルができるみたいです。
徳沢から更に進むと横尾、涸沢とありますが、今回は徳沢まで。

河童橋に戻る

散策が終わり、河童橋に戻ります。
ハイキング開始時は雲一つ無い快晴でしたが、
戻ってきた頃には一変。
穂高連峰の稜線は雲に覆われ、雲行きも怪しくなっていました。

晴れていると神秘的で、曇っていると山の神の祟りなのかと感じるほど。
なんだか圧倒的〜!

余談

登山中に雷が鳴ったら
・近くの山小屋に避難する(テントNG)
・山小屋がなかったら大きな木から4m以上離れ、しゃがみこんで小さくなる
というのがネットで良く見かける対処法。
地面に手を付いたり、寝っ転がったりするのは、近くに落雷した雷が
地面を伝わってくる可能性があるのでNGみたいです。

自分は今のところ登山中の雷鳴はありませんが、
いつ遭遇してもおかしくないので、対処法を知ることも必要な準備の一つだと思います。

山の天気予報で荒れそうな予報が出ていたら、
リスケor登る山を変える
が良いですね。

以上!
上高地ハイキングの感想でした。

この後日、穂高連峰最高峰、奥穂高岳へ挑戦した記事も書いてるので、読んでみてね☆
北アルプス(飛騨山脈)、自然の厳しさも感じながらもドラマティックな物語かもしれません。

奥穂高岳に初挑戦!結果と感想〜穂高連峰〜(1泊2日)

まじで以上!

TOP
PAGE TOP