FLOATY感想を述べます!

今回はGoPro HERO8 Blackのアクセサリ、FLOATYを買ってみました。
結論から言うと、買う価値有り!
そして可愛い〜!笑
透明のケースを使いながらマリンスポーツをする人は、バックドアがおすすめです。
GoPro本体を透明ケースで守りながら、もしもの時はフロートできるのは安全。
GoPro公式サイト
こんな感じです。↓

パッケージや包装の中身について、記録も兼ねてまとめます!

パッケージ

パッケージはこんな感じ。
完全に色はピンクに見えるのは、ぼくだけかしら。。。笑

値段は¥2,040でした。
本体を直接包むFLOATYではないので、ケース背面に貼り付けるものです。

FLOATYのバックドア版にはver2.0と、ver3.0がありました。
ver3.0は↑記載の通り、HERO5 Black以降〜HERO8 Blackまでに対応しているみたいですが、
実際、ver2.0でも良いのでは?という感覚はあります。。笑
ver2.0を見てないので何が違うのか、よくわからないのが本音。

包装内容

中身はFLOATY本体以外に、ケースの背面が付属してました。
これがあれば、FLOATYが必要無いシチュエーションでも
背面ケースだけ取り替えれば使用可能になりますね。

黒いやつと、透明の背面ケースx2の3種類が入っています。
透明のケースは微妙にサイズが違う2種類です。
※注意点
純正のprotective housingではない場合は背面ケースのサイズが合わない可能性あります。
僕の利用してるサードパーティ製の透明ケースは、
背面部分のサイズが微妙に合わず、付け替えできなさそうです。。。

使用感

透明のケースに早速取り付けて見ました。
こんな感じ。↓


風呂場に投げれてみましたが、こんな感じでしっかりと浮かんできます。



これで水中で手から離れても見つけられそうな気がしまっせ!

まとめ

デメリットとしては、本体の背面画面が見れない事でしょうか。
正面画面で確認はできるので、問題は無いかもしれませんが。
細かい設定は陸上で設定後に、使うのが必須ですな!

今後もGoProアクセサリは少しづつ集めて行きたいです!
また買ったら記事にまとめちゃう。

純正はそれなりのお値段するので、サードパーティ製が多いかも知れませんが、
よかったら参考にしてね☆笑

それではまた。

TOP
PAGE TOP